スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

短調が好き? 

レ・フレールの曲を聴いていたら下の子に、
「お母さんもこういう明るい曲を弾けばいいのに。
 いつも暗いのばっかりだよね。」
と言われてしまいました

う~ん、考えてみたらそうかも。
今練習している「熱情」もその前のシューマンのソナタ第2番も、
発表会で弾いた「スケ2」も「飛翔」も短調だ・・・
練習した長調の曲というと、「パピヨン」とモツソナのK.333ぐらい?
よく聴く曲も短調ばかりかも

「上手に弾けるようになりた~い! でも、弾けな~い!!
 練習しているのに、何で何で???」
と思い、日々もがいて練習している私の心情に
短調の曲が合っているのかも・・・


ライン お花


[2014/09/22 14:57] piano | トラックバック(-) | CM(4)

母とコラボ 

今日、母の声楽の伴奏をしました。

子どもの頃私も歌ったのですが、
イタリア歌曲で大好きな「Ombra mai fu(オンブラ マイ フ)」と
「Lascia ch'io pianga(ラシャ キオ ピアンガ)」の楽譜を
母に借りて伴奏部分を練習してました。
そうしたら、母が来て、
「お母さんもこの曲大好き。歌ってもいい?」
ということで、何十年ぶりに母の伴奏をしました。

「ピアノは歌といっしょ。」
母の伴奏をして、当たり前のことを改めて感じました。
そして、私はもっともっと歌わないと、と思いました。
この曲を一人で弾いている時は、自分では十分に歌って弾いている
つもりだったけど、歌と合わせると全然そんなことはなくて、
驚くほど淡白でした💦
「あ~ここはもっとゆっくりした方がいいのね」
「ここはもっと盛り上げるのね」
「ここで呼吸を入れるのか~」
母とお遊びで始めたことが、とってもいい勉強になりました🎵
声楽の伴奏をするとピアノが上手くなる、って
聞いたことがあるけど、そうかも・・・

相変わらず母の歌は上手❗
「発声していないから声が出ないわ~」と言っていたけど
もう十分出てましたよ😆


ライン 葉っぱ


[2014/08/12 23:34] piano | トラックバック(-) | CM(6)

グランドピアノを買ったから・・・ 

せっかくグランドピアノを買ったから、
何年先になるかわからないけど
自己満足な演奏ではなく、誰が聴いてもきれいだなと
思ってもらえるような表現が豊かな演奏をしたいです。

初めてグランドで練習した時、あまりの平面的な音色に愕然としました。
ショパンのエチュードを弾いたのですが、
アップライトでは強弱を付けて弾けていたのに
グランドではこの弾き方では全然通用しませんでした
のっぺりとしたつまらな~い演奏。小手先の弾き方では全然ダメ。
小さい音を出すには指先に神経を集中させないといけない。
大きい音を出す時には体を上手く使わないと汚い音になってしまう。
そして、鍵盤の押さえ方一つで、
楽しさ、悲しさ、嬉しさ、切なさ、などなど
人間の様々な感情を表現できる。
グランドピアノってすごい!!
でも、今の私は「こう弾きたい!」という思いはあっても
それを表現できるテクニックがありません。
だから、レッスンに行ってきれいな音楽を聴いて、
もちろんしっかり練習をして指や耳を鍛えて、
いつの日かきれいな音色を奏でられるようになりたいです。
せっかくそれを実現させてくれるピアノがあるのだから


[2014/04/12 14:28] piano | トラックバック(-) | CM(2)

発表会頑張ったね♪ 

今日、上の子のお友達のNちゃんの発表会に行って来ました。
Nちゃんは(うちの子もですが)明日から期末テストです。
演奏した曲はショパンの「華麗なる大円舞曲」なのですが、
どうしても弾きたくて、お母さんの反対を押し切って出たそうです。
お母さん(お友達です)は「暗譜が間に合わなかった~」って
言っていたけど、いやいや、そんなことよりも、
限られた時間の中で頑張って練習して発表会に出た、
ということが、すごいことだと思います。
Nちゃん、上手だったよ~「ブラボー!!」です

やっぱり発表会の雰囲気って好きだな~
緊張感の中にも温かさがある感じ、とっても好きです
この温かさって、先生の子どもを見るまなざしなのかな。


[2013/11/24 23:53] piano | TB(0) | CM(0)

母のピアノ その4 

この間、母のピアノを習い始めてから初めて聞きました。

「上手くなってる・・・。今までと音が違う・・・。」
それまでの母のピアノは、
しっかり鍵盤を叩いていない音というか、
鍵盤の表面を弾いているような音というか、
芯のない音というか、
そんな音色だったのです。
  -散々なことを言ってますね。
   母が読んだら怒られそう・・・
それが、芯のある音、ピアノを弾いている音に変わっていました。
音の粒も揃っているし。
習い始めて半年ちょっとでこんなに変わるなんてびっくりです。
最近実家に電話をすると、
「今ピアノを練習しているから後で掛け直すわね。」と
言われることが多くなってきました。
母もピアノが楽しくてしょうがないみたいです

そういえば、しばらく声楽の話を聞かないような・・・?


[2013/11/21 15:19] piano | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。