スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クララさんに会ってみたいな 

もし作曲家に会えるとしたら・・・、作曲家ではないけど、
シューマンの奥様のクララさんに会いたいです。

シューマンの曲はいろいろな音が絡み合っていて本当に複雑です
和音に至っては、これ全部押せる!?というぐらい
音の幅が広いです・・・男の人は大丈夫なのかな?
私は女性のわりには手が大きいのですが、
(よく手だけはピアニストと言われました
指を最大限に開かないといけない和音もあり、手がつりそうです。
クララさんはシューマンの曲を弾いていたんですよね。
一つも音を落とさず弾けていたのかな。
もし会えたら、弾いているところを見てみたいのと、
女性のためのシューマンの攻略法を教えてもらいたいです。


[2013/03/05 09:33] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(2)

毎日こつこつと 

子どもが冬休みの2週間、大掃除したり実家に帰ったり、と
バタバタしていて、ピアノに触れない毎日を過ごしてしまいました。
(こんなに長い間練習しなかったのは初めてです

その代償は大きかったです・・・
今年の弾き初めの日、体に余計な力が入ってしまってカチカチ、
冬休み前にできていたことができなくなっているし、
しばらく練習をしていないから焦ってしまって、
あれもこれもと、詰め込み練習をしてしまいました。
広く浅い練習だったので、特に得るものもなく、
その日の練習は終わりました・・・。
「こんな練習ではダメダメ~
一つずつできるようにしていこう、と気持ちを入れ替えたら
クラマーとバッハは何とか元の状態に戻ったけど、曲が・・・。
せっかく、8割方出来上がっている、と言ってもらえたのに、
1歩どころか、2歩も3歩も(それ以上)後退してしまいました
日々の練習の大切さを痛感しています。
曲の練習は、どうしても、欲張ってたくさん詰め込んでしまいます。
とりあえず、前回のレッスンで課題になった箇所だけでも
きっちり練習して、先生にできているか見てもらわないと。
欲張らない!ここだけ、ここだけ!


楽譜1

↑前回のレッスンで先生に「みっちり」教えて頂きました。
  右手 : メロディーがつながっていないので、
       ペダルは使わないで、指の腹を使って
       次に弾く音を感じながら弾いていく。
       ゆっくり練習して、指に感覚を覚えさせる。
  左手 : 一つの響きとして聞こえるように。
       とにかく小さい音で、ほっといても
       指が勝手に動くぐらい弾き込む。

今日も練習しましたが、右手ができているのかいないのか、
自分ではよくわからないです。
今度のレッスンで先生にチェックしてもらわないと


[2013/01/13 17:28] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(0)

やった!ノーミス‼ 

クラマー=ビューロー  1番


ノーミスで弾けました
やった~やった~
(まだ1番なのに、レベルが低くてすいません・・・

間違いの原因は左手だったので、
最初は、もちろん左手のみできない所を部分練習をしました。
(特に間違える指はぎゅっぎゅっと
 指に覚えさせるようにアクセントをつけました)
そのあと、両手で合わせるのですが、
今回は左に意識を集中させるために
左をわざと大きく弾いてみました。
そうしたら、いつもよりもかなりミスが少なく
弾くことができました。
びっくりしたのが、左を意識しているにもかかわらず
右を間違えなかったことです。
右はほっといても覚えるものなんですね
それから、左を意識しながら弾き込んでいって・・・
ノーミス達成です

自分でいろいろ工夫して練習するのはおもしろいですね。

本番(レッスン)でうまく弾けるように明日から
もっともっと弾き込んでいこうっと


[2012/11/12 22:09] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(2)

表現するって難しい 

ショパン  スケルツォ2番


どんな曲を弾いていてもいつも思うことなんですが、
自分の気持ちをうまく指で表現するのは
難しいですね

最近自分の演奏を客観的に聞くためにビデオに撮るんですが、
とっても淡白に聞こえるんです。
あんなに気持ちを込めて弾いているのに
なんか無表情というか盛り上がっていないというか…

先生にこのことをお話したら
「ホールや広い会場だときれいに撮れるんだけど
 家だとどうしてもおとなしく聞こえてしまうから。
 でも、コツとしてはオーバーに弾くことかな。」
と、言われました。

ショパンの曲は他に比べて高度な表現力が
求められていると思います。

昔、ブーニンがショパンコンクールで
第3楽章の最後をしばらく音を外して弾いている
にもかかわらず、優勝しました。
間違いが気にならないくらい表現豊かな
すばらしい演奏だったんですよね。

私も当時テレビで演奏を聴いていましたが
全然わかりませんでした。
後で、母がラジオから録音したテープで再び聴いて
びっくりしたのを覚えています。

最近、練習の時、歌いながら弾いています。
人に見られると恥ずかしいのですが…
でも、歌っていると弾いていて気持ちがいいんです。
自分の感情がうまく出せているような感じがします。
(…でも、まだまだですが
私も間違いが気にならないくらいの演奏をしたいなぁ…


[2012/11/10 11:24] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(4)

やっぱり苦手? 

クラマー=ビューロー  1番


私はエチュードが苦手です…
ややこしい指使いで速く間違いなく弾くなんて自信がないです。

でも、不思議なことに、曲だと早く覚えられるんです。
練習曲だと、何回やっても何回やってもダメなのに…(?)
楽譜
↑ こういう左の弾き方が微妙に右と違うのはとっても苦手です


この間のレッスンの時も先生と
「不思議だね~」と言って笑いました。
子どもの頃はこんなに苦労した記憶はないのに。
一日練習すれば次の日にはできていたと思うんだけど…
年のせいかな?頭と指の神経がつながっていないかも

今までチェルニーをやっていたんですが、
曲だと弾けるんだったら、ということで
先生が「クラマー=ビューロー」を薦めてくださいました。
この練習曲はショパンのエチュードほど難しくはなく
チェルニーよりは曲らしい練習曲です。

できない部分だけを繰り返し練習して、できたと思ったら
少し前から弾いてみるんですけど、
ひっかっかてしまうんですよね~
でも、これを繰り返しやっていくしかないですよね。
あと、「これは曲だ」と自己暗示をかける、かな

動画サイトを見ていて、間違わないでスラスラ弾いているのが
うらやましい~~
来週レッスンだけど間に合うかな…
がんばるぞ~


[2012/11/07 21:54] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。