スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゆっくりと始動 

発表会が終わって、ブロ友さんから「少しゆっくりしてもいいのでは」と
お言葉を頂きました。
ふと考えました。
来月でピアノを再開して丸五年経ちます。
なんかずっと全力で走ってきた感じがします。
早く上手になりたい。早くこの曲を弾けるようになりたい。
一日練習しないだけで、できなくなってしまう!と不安になったり
先生に直された所を次のレッスンまでにできるようにしないと!と思ったり。

でも、この辺でゆっくり歩いてもいいのかな、と思い始めました。
走っていると周りが見えないし、自分のことを客観的に見られないし、
考え方が一つに固執してしまったりするような気がしてきました。
これから音大に行くわけでもないし、コンクールに出るわけでもない、
趣味のピアノだから、ゆっくりとのんびりと弾いていこうっと


lb.jpg


[2015/10/28 15:13] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(8)

トリルトリルトリル 

今日は1時間半練習しました。
トリルオンリーの練習です。

粒が揃っていない。
音が一つ一つ独立していなくてベタッとした響き。
前回のレッスンでも先生から「汚い」と言われてしまいました

今日の練習では音を独立させるために指の付け根からしっかり動かして
スタッカートの練習、抜けてしまう音をあえて大きく弾く練習、をしてみました。
「そこ」だけ弾く分にはなんとかできるようになるけど、
曲の流れの中で弾くと全然ダメ、できません
なんで???構えてしまうのかな。
正直なところ、トリルの部分が近づいて来ると、
「よし!」と体に力が入ってしまう感じがします。

「熱情」はトリルがたくさん出て来るので、きれいに弾けるようになるといいな~


lb.jpg
[2015/08/15 16:39] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(6)

ベートーベンって体力いる~~ 

前回の発表会の曲「スケルツォ」に比べると、
断然ベートーベンの方が体力の消耗が激しいです
通して弾くのはまだレッスンの時だけなのですが、
弾き終わるとぐったり・・・です。
スケルツォの方が少し長いくらいなのに。

そのことを先生にお話したら、
「ベートーベンは曲への思いの込め方が強いのよね。」と言われました。
最近、練習しているとそれをひしひしと感じます。
楽譜から呑み込まれそうなくらいのエネルギーを感じます
ベートーベンと同じくらいのエネルギーを持って練習しないと!と思うのですが、
今、このところの暑さで夏バテ中・・・
すっかり呑み込まれて弱々し~い「熱情」です・・・
早く夏バテから脱出しなくては!!


クローバー


[2015/08/01 17:05] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(4)

発表会出られる??? 

「『熱情』なんて難しい曲はやめてもう少しやさしい曲にしたら?
今からだったらまだ半年あるし間に合うでしょう。」

少し前まで母によく言われていました。

「音大を出た人だってこんな難しい曲は弾かないわよ。」

母のピアノ教室は母と小学生の女の子以外は
ほとんど音大を出た方ばかりです。
この間の発表会ではその方々は比較的簡単な曲を弾かれたみたいで
(と言っても難しいとは思いますが・・・
母は無謀な曲に挑戦する私が急に心配になったそうです。
(前回も同じパターンで本番に大事故を起こしてしまっているので仕方ないですね

そんな母の言葉に私は、
「だって弾きたいんだもん!」(←なんていう理由なんでしょ)
と言って聞く耳を持ちませんでした。

でも今になってだいぶ後悔です・・・
難しい・・・ 難しい・・・ 難しい・・・
発表会までに弾けるようになる感じがしない。
発表会で弾いている自分を想像できない。
以前お友達に「ソロがだめだったら連弾だけ出よう」なんて
冗談言っていたけど、現実になってきたかも~~

今日ももちろん練習したけど、
弾けば弾くほど下手になる、
弾けば弾くほど落ち込む・・・

こんな私に先生は、
「大丈夫、なんとかなるわよ~」
・・・本当ですか???


クローバー


[2015/06/22 16:05] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(8)

ラン・ランの演奏から学ぶ 

ベートーベンの「熱情」、今まで動画サイトでバレンボイムさんの
演奏ばかり聞いていたのですが、
最近はラン・ランの演奏が気に入っています。
このことを先生にお話したら
「ラン・ランが好きなんて、若いからだわ♪」と言われました。
先生はバレンボイムさん押しみたいです
バレンボイムさんは内に秘めた「熱情」、
ラン・ランは溢れ出す思いを押さえきれない「熱情」、
という感じがします。

それと、手元がたくさん映っているので
練習するのにとても参考になります。
ここは指を寝かせて弾くとより小さい音が出せるんだ~、みたいな
明らかに私と違うのは手首が下がっているところ。
手首が上がってしまう私はまだまだ脱力ができていないんですね

     

たんぽぽ


[2015/05/23 13:56] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。