ベートーベンの思い出 

私が初めて買ったCDは、ホロヴィッツ演奏で、
「月光」「悲愴」「熱情」のベートーベン三大ソナタのCDです。

子どもの頃、家に初めてCDプレイヤーが来た時、母から
「何か好きなCD買っておいで」と言われて、妹と一緒に買ったCDでした。
どうしてこの曲にしたのかは全然覚えていないです。
でも、初めてCDを聴いた時の衝撃は忘れられません。
音の美しさはもちろんですが、ピアノの音域の広さにびっくり。
ピアノで音が小さいと思ってボリュームを大きくしたら、フォルテでは大きすぎて
慌てて絞ったのを覚えています
それまで聴いていたレコードやテープでは感じることのできない音色に
魅了されてしまいました

その時、三つのソナタの中でよく聴いていたのが「熱情」で、
楽譜を見ながら何度もドキドキして聴いていました。
そして今、「熱情」を練習しています。
聴いていた通りとっても難しくて全然上手く弾けないけど、
子どもの時憧れだった曲を弾くことができて、とっても幸せです


クローバー


[2015/06/10 20:54] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する