母とコラボ 

今日、母の声楽の伴奏をしました。

子どもの頃私も歌ったのですが、
イタリア歌曲で大好きな「Ombra mai fu(オンブラ マイ フ)」と
「Lascia ch'io pianga(ラシャ キオ ピアンガ)」の楽譜を
母に借りて伴奏部分を練習してました。
そうしたら、母が来て、
「お母さんもこの曲大好き。歌ってもいい?」
ということで、何十年ぶりに母の伴奏をしました。

「ピアノは歌といっしょ。」
母の伴奏をして、当たり前のことを改めて感じました。
そして、私はもっともっと歌わないと、と思いました。
この曲を一人で弾いている時は、自分では十分に歌って弾いている
つもりだったけど、歌と合わせると全然そんなことはなくて、
驚くほど淡白でした💦
「あ~ここはもっとゆっくりした方がいいのね」
「ここはもっと盛り上げるのね」
「ここで呼吸を入れるのか~」
母とお遊びで始めたことが、とってもいい勉強になりました🎵
声楽の伴奏をするとピアノが上手くなる、って
聞いたことがあるけど、そうかも・・・

相変わらず母の歌は上手❗
「発声していないから声が出ないわ~」と言っていたけど
もう十分出てましたよ😆


ライン 葉っぱ


[2014/08/12 23:34] piano | トラックバック(-) | CM(6)

お母様とコラボなんて、素敵〜☆
歌を歌う、聴くのって、ピアノにも参考になることが多いですよね。前に、言われたことがあります。
お母様、歌がお上手なんですねー。きっと、のんほほさんもお上手なんでしょうね!

ところで、シューマンの次は熱情!なんですね。ガラッと変わりましたね^o^
難しそうですが、若い頃?!の方がいいんですね?体力的に^_^
音源楽しみに待ってます!私もいつかやりないなぁ^o^
[2014/08/13 06:48] ふくうめ [ 編集 ]

No title

お母様、声楽をなさっているんですね~!
音楽に理解があるというか、趣味を共有できるって素晴らしいことですね。
「ピアノは歌と一緒」なるほどです!
歌うように弾く…理想ですね(^^)私できるようになるかなあ…(^^;

前記事で「熱情」弾くことになられたようですね!!
すごいな~~!!難しそうだし!

また、アップ楽しみにしていますね♪

[2014/08/13 06:57] ね~み♪ [ 編集 ]

ふくうめさんへ♪

母はよく声楽の先生から「音大に行けばよかったのに~」と、
(お世辞だと思うのですが💦)言ってもらえるそうです。
それに比べて私は、子どもの頃、何も引き止められず、
あっさりとやめました・・・
声楽もいまいちだったみたいですf(^^;

「熱情」、やっぱり難しいんですよね・・・(当たり前ですよね💦)
母と妹に話したら、「難しい曲なのに!頑張って‼」
と言われました。
無謀な曲に挑戦してしまうクセは全然治っていなかったみたいです(*_*)

[2014/08/13 23:21] のんほほ [ 編集 ]

ね~み♪さんへ♪

とっても久しぶりの母とのコラボは楽しかったです♪
昔、結婚前だったかな?発表会で伴奏をしたのですが、
間違えないことに必死で全然楽しめませんでした💦
でも、今回はお遊びだったので気楽でしたし、
ピアノの勉強になりました(^^)
また一緒に遊びたいですが、離れているので、
次会える時までお預けです(>_<)

やっぱり「熱情」は難しいんですよね・・・💦(もう何言ってるのー!)
私は第一楽章だけのつもりでいたら、先生から
「熱情だったら全楽章やらないとね♪」と言われてしまいました。
いつ終わることやら・・・気長に頑張ります(^^;
[2014/08/13 23:46] のんほほ [ 編集 ]

No title

お母様は声楽をされるんですねえ、それは素敵♪
なるほど、声楽の伴奏はピアノの勉強になりますか・・・・
ううむ、興味がわきました。

次の曲熱情なのですね~
何楽章ですか?それとも全楽章?
シューマンとはまたがらっと雰囲気変わりますね、楽しみです^^
[2014/08/14 21:55] ねこぴあの [ 編集 ]

ねこぴあのさんへ♪

歌の伴奏をして、私のピアノがつまらなく聞こえてしまう
原因の一つは「呼吸」にあるように思いました。
実際に呼吸を使う声楽の伴奏をすることで、間の取り方や
テンポの揺らし方を身に付けられそうです。
ねこぴあのさんも是非やってみて下さい♪オススメの練習です(^^)

「熱情」は第一楽章だけのつもりで先生にお願いしたのですが、
先生のお考えは違っていて、全楽章をすることになりました(汗汗汗)
当分「熱情」三昧になりそうです・・・(^^;
[2014/08/15 15:00] のんほほ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する