7/10のレッスン 

最近の私の悩み、それは、前の記事で書きましたが、
楽しく弾いているのに、気持ちを込めて弾いているのに、
自分の演奏を聞いてみると、つまらない。平面的。音が固い。

先生に理由を聞いてみました。
「それは、あなたが間違いなく、譜面通りに弾くことだけで
 満足していたからだと思うわよ。」
・・・そうかも・・・
もちろん、表現豊かに弾きたい、という気持ちはあります。
でも、実際練習してみると、間違いなく弾かなくては!ばかりになっているかも・・・
「ピアノは何百、何千種類もの音が作れるのよ。それが本当のピアノの楽しさなのよ。
 大きい音、といっても勇ましい音、恐ろしい音など色々あるでしょ?
 自分の出したい音はどんな音なのかをまず考える。
 そして、その音を出すには体を指をどういうふうに使ったらいいか、
 色々試してみるの。簡単なことではないわよ。すぐには見つからない。
 でも、見つかるまで繰り返し繰り返し試みるのよ。
 私は今でも研究しているわよ。死ぬまで勉強だと思っているから。」
「たくさん悩むと思う。けど、それは決して無駄ではないし、
 どうしたらいいのかわからなくなったら、遠慮なく聞きなさい。
 いくらでもアドバイスするから。」
はいっっっ!!!
私のピアノに対する取り組み方が、根本的に間違っていたんですね
そうですよね。学生じゃないし、音大受験するんじゃないし。
すばらしい先生に教えて頂いているのだから、
私も自分の理想の音が作れるよう日々研究ですね


ライン お花


[2014/07/11 18:00] レッスン | トラックバック(-) | CM(4)

No title

先生のお言葉、つくづくなるほどな~、と思わされますね。
まさにご自分の経験からのお言葉というか…

のんほほさんのお考えになってることと同じようなこと、
最近私もようやくいろいろ感じるところがあって記事にしています。
(私の場合、「間違いなく弾く」って事が難しいですけどね)

先生ほどの方でも常に自分の「出したい音」の研究をされてるのですね。
「死ぬまで勉強」
素晴らしい決意ですし、本当にピアノがお好きなのですね!

少しでも見習わなくては…
[2014/07/11 22:14] ね~み♪ [ 編集 ]

ね~み♪さんへ♪

こんにちは。
コメントを頂いて、ありがとうございます♪

ピアノの先生だから当たり前なのかもしれませんが、
先生とお話していると本当にピアノがお好きなんだな、と感じます。
先生からはテクニックだけではなくて、ピアノに対する向き合い方
といった根本的な部分も教えて頂いています。
先生がまだまだ勉強!とおっしゃっているのだから、
私は先生に少しでも近づけるようにもっともっと頑張らないと!ですね(^^)
[2014/07/12 17:17] のんほほ [ 編集 ]

No title

モーツァルトのレッスンで、ただ単に音をだすのではだめだということを、嫌というほど考えている最中です^^;
でも、ピアノの本当の楽しさは、ここから先にあるんだと信じて、がんばります!
のんほほさんも、頑張ってください^^
素敵な先生ですね♪
[2014/07/14 15:57] ねこぴあの [ 編集 ]

ねこぴあのさんへ♪

こんばんは。
コメントを頂いて、ありがとうございます♪

本当に音を作るのは難しいですね(汗)
きちんとした答えがあるわけではないし、
頑張って考えてもすぐに自分の音を作ることが
できるわけでもなく、最近は練習してもなんか
もやもやしていることが多いです。
でも、きっと今までやったことがなかったから慣れていないだけですよね。
いつかは楽しく思える日が来ると思って、
昨日の自分より上手くなっている、を目標に
お互い頑張りましょうね!(^^)!
[2014/07/15 23:10] のんほほ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する