スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2015年 弾き初め 

今日、今年初めて練習しました。
8日ぶりのピアノです。
鍵盤の感触、ピアノの音色、ああ~懐かしい・・・

主人はゴルフ(なんでお正月に!?)、下の子は塾、
上の子に「久しぶりにピアノ弾いてもいい?」と聞いたら
「いいよ~」という返事をもらったので早速練習しました
今まで溜まっていたピアノの思いをぶつけましたよ~~

いつも通りショパンのエチュードから。
指が鍵盤の感覚を忘れているかな、と思ったけど
複雑なアルペジオを意外と覚えていてびっくり、というか
よかった~と嬉しくなってしまいました

次はバッハ。
速さが求められるクーラントだけど速く弾くとミスばっかりです
右も左も4と5の指の辺りで間違えることが多いです。
やっぱり4と5の指が弱いからなんですよね。
ぎゅっぎゅっとアクセント付けながら、「指よ、強くなれ~」と
暗示をかけながら練習しました

最後に、いちばん時間がかかるベートーベンです。
弾けない所は山ほどあるけど、その中でも最も気がかりな
二か所を練習しました。
まずはトリル。「熱情」ではこのフレーズが何回も出て来るのですが、
なかなかきれいに弾けません
色々考えていたらわからなくなってきてしまいました
それと、ココ↓
ベートーベン「熱情」 楽譜
一見簡単そうですが、私にとっては難し~い
拍の頭がずれてしまうのです。
まずは、右をわざと拍の頭を大きく弾いて、
しっかり左を合わせて感覚を覚えていかないと、ですね。


   音符 brown

スポンサーサイト

[2015/01/04 22:32] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。