スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

5年目突入!! 

ピアノを再開して丸4年経ちました。5年目に突入です
この4年間はあっという間でした。
でも4年の倍ぐらい長くレッスンをしてもらっている感覚があります。
ピアノを始めた頃、子どもたちは小学生、私は花の30代・・・、
そして、まさかこんなにピアノが大好きになるなんて思いもしなかったです。
どちらかというと、すぐやめてしまうのではないかと心配で、
先生に電話するのを躊躇していたぐらいでした。

それまでの仕事を辞めて急に自分の時間ができて、
ヨガにエアロビ、フラワーアレンジメントにトールペイントなど
色々習い事を始めた頃、上の子のお友達の発表会に呼んで頂きました。
そこでビビビっと来たのです。
「ピアノの音色ってこんなにきれいだったんだ・・・。」
ぽ~~っとして帰ったのを覚えています。
それから自分一人で細々とピアノを弾き始めたのですが、
だんだん物足りなくなってきて、先生を探し始めました。

今でも始めた時のことを覚えています。
心臓ばくばく、ドキドキして先生に電話をしたこと。
電話口の先生のやさしいお声を聞いてほっとしたこと。
先生に初めてピアノを聞いてもらった時
「やさしい音色で弾くのね。」と褒めて頂いたこと。(こんなこと言われたの初めて~!!)
自己紹介で昔声楽も習っていたことを話したら
「やっぱり。そんな感じがしました。」と見抜かれていたこと。(わかるの~!?びっくりでした)

私がピアノを大好きになって今まで続けられたのは先生のおかげです。
先生は大人だから趣味だからといって手加減はしません。厳しいです。
「大人のピアノは好きな曲を弾かないとね。」と
どんな曲でもチャレンジさせてくれます。
マイナスな言葉は使いません。上手く弾けなくて苦しい時も
「絶対弾けるようになるから。」と励まして、私に合った練習方法を
考えてくださいます。

最近ふと考えてしまいます。
「先生がピアノのレッスンをやめてしまったらどうしよう・・・。」
先生はお歳の方、でもいつまでもお元気でいてほしい。
私がおばあちゃんになってもレッスンをして頂きたいです。


ライン お花

スポンサーサイト

[2014/11/09 06:56] レッスン | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。