スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テクニックだけじゃない 

以前に買った岩崎先生の本を読み直してみました。こちらの本です。
・・・先生と同じことを言ってる・・・。
改めて、これからの練習の方向性が見えてきたような気がしました。

  ・練習とはひとえに「耳の訓練」
   最良の音を目指して、指のタッチをさぐり、鍵盤の感触を確かめ、
   すべてのパッセージを吟味していく。
  ・「自分なりの解釈」とは、勝手に、自由気ままに弾くことではない。
   譜面に書かれているとおりに弾くことで、自分らしさ、自分の解釈は
   自然に生まれてくる。
  ・ピアニストが鍵盤から引き出す音の一つ一つに、その人の生き方が表れている。
   ふだんの生活のなかで、豊かな喜怒哀楽を感じながら、いきいきと
   生きているかどうか。周りの人や社会に起こっていることに関心を持ち、
   共感したり反発したり、感受性豊かに関わりあっているかどうか。
   深く物事を感じ、考えているかどうか。
   それは自分の中に感情表現の豊かなボキャブラリーを蓄えていく。


岩崎先生の本から一部抜き出し、要約したものです。
練習方法なども書いてあって、もっともっと紹介したいですが、
書ききれないので(というか著作権の問題ですね)、
よかったら、是非読んでみて下さいね

そういえば、昔子どもがお世話になっていた先生がおっしゃっていました。
「ピアノは弾くことだけが練習じゃない。
 雨上がりの滴がついた葉っぱの緑ってきれいじゃない?
 そういうきれいなものをたくさん子どもに見せて一緒に共感してね。」

「ピアニストでも若い時よりも年を重ねた方が音に深みが出ていいわよね。」
と、今の先生。
そっかぁ・・・ 今の私の強み(?)は年を重ねたところだから、
子どもの頃みたいにテクニック重視ではなくて、表現力を磨かなきゃね。


  ライン 葉っぱ

スポンサーサイト

[2014/07/26 14:05] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。