スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

はぁ~ 難しい。 

今までシューマンのソナタを練習していたのですが、
あまりにも曲作りが難しくてギブアップ
もう少しわかりやすくて、達成感を得やすいように短い曲で、
ということで、同じシューマンの「子供の情景」を練習することにしました。
「子供の情景」だったら子どもの頃にやったことがあるし、上手くできるかな
な~んて思っていたら大間違い。難し~~~い!!!
やっぱりシューマン・・・。侮るなかれ、小品ですが凝っています。

1 見知らぬ国より
  レースのカーテンが風でふわぁっと動いている部屋で、
  小さい男の子が絵本を読んでいる画をイメージします(表題とは関係ないですが・・・)
  やさしい、やわらかい音で弾きたい

  ・・・でも、なかなかイメージ通りに弾けない
  なんか音がごつごつしていて、メロディーが流れるように聞こえない。
  そして、相変わらずのっぺり、平淡な演奏。
  本人は歌って弾いている(つもり)なのに、音色に全然反映されない。
  もっともっと研究しなくては!

  こんなんですが、今の私の精一杯の演奏です
  数か月後にはCD、とまではいかなくても、それに少しでも近づいているように頑張ります

      


ライン 小鳥

スポンサーサイト

[2014/07/22 16:02] 演奏 | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。