スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

左手の強化 

利き手じゃない左手はふにゃふにゃです。
それを改善するためにクラマーで練習しています。
今練習している20番はほとんどがフォルテ以上です
腕に力を溜めないで上手く指先から逃さないといけないのですが、
これがなかなか難しい!
だいぶ最初の方はできるようになりましたが、
最後の方は腕がぱんぱんです
途中から手首で力がせき止められているのがわかります。
右手はこんなことないのに。
ピアノ以外でも左手を強化させることをした方がいいのかな。
例えば、ごはんを左手で食べるとか



スポンサーサイト

[2014/05/18 01:35] 演奏 | トラックバック(-) | CM(4)

上の子のピアノ 

本棚を整理していたら懐かしいものが出てきました。
上の子が使っていたバイエルと五線譜のノートです。

バイエル

私は赤バイエルと黄バイエルを使っていたのですが、
今は色々なバイエルがあるんですね(昔もあったのかな)
先生に聞いてみたら今でも赤バイエルと黄バイエルはあるそうです。
バイエルといったら、やっぱりそのバイエルかな~
あのレトロな感じの表紙は味があるし、なんといってもカバー
白い半透明のカバーがかかっている赤バイエルは
いちごミルクみたいな色になるんですよね
子どもの時それを見て「おいしそ」と思ってました。


五線譜のノートを開けてみたら、上の子の懐かしい字が。

ノート

毎回先生が手作りの問題を作ってくれました。
音符の長さの分だけりんごに色を塗るようになってます。

バイエル2

楽譜にもりんごが・・・

そういえば、私も子どもの頃りんごで音符の長さを教えてもらいました。
そして、子どももりんご。
これは定番の教え方なのかな?
他の果物、例えばみかんの方はいたりするのかな?


[2014/05/18 00:36] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

上の子とのピアノの思い出 

上の子は小学2年生の時にピアノをやめました。
その直前に最初で最後の発表会と親子連弾に出ました。
ディズニーの「It's a Small World 」を連弾で弾いたのですが、
本番に思わぬハプニングが・・・
弾いていたら楽譜が倒れてきたのです
リハーサルの時は大丈夫だったのですが、
本番は空調がきいていて、ふわっと落ちてきてしまいました。
とっさに左手で止めましたが間に合わず
先生が急いで拾いに来てくれました。
こうならないように画用紙に貼ったのに~
でも、落ちたのがすでに弾いた部分の楽譜だったので、
子どもは何もなかったかのように弾き続け
無事になんとか終わりました
先生から「なんとか切り抜けたわね。」と言ってもらえてよかった~~
ビデオにこの様子が一部始終残っています。
いつ見ても「あらら」という感じで笑っちゃいますね
最初で最後の親子連弾はとっても印象深いものになりました。

ピアノをやめた後、上の子は、
小学生の時は柔道、中学はソフト、そして高校は陸上、と
体育会系になっていきました
以前先生に
「昔ピアノをやっていたんだし、お母さんがピアノを弾いているのを見て
 またやりたくなるんじゃないかな。」
と言ってもらって、「そうなるかな」と淡い期待をしていたけど、
最近それは無理な夢のように感じています。
朝起きるとまず最初に、腹筋とスクワットをしてます。ピアノの傍で。
「・・・。」
ないな・・・。この子にピアノは絶対ない・・・。

こんな上の子ですが、当時習っていた先生から
「〇〇ちゃん、ピアノに向いていると思うわよ。」と
言ってもらったことがあります。(理由を聞いておけばよかった~)
あと、発表会のビデオを見ると、意外と上手に弾けているのです。
(↑親バカですね
う~~簡単にやめさせるんじゃなかった~~


[2014/05/11 15:55] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(4)

今日はウォーミングアップ♪ 

4日ぶりに練習しました
案の定、手が動かなくなってました・・・
ただでさえ、毎日練習したって3歩進んで2歩下がる、
いや、3歩下がる時もあるかな、なのに。
覚悟はしていましたが、5、6歩は下がっていました。
だから今日は、
上手く弾けなくても落ち込まな~い、
指のウォーミングアップの日だ~、
と開き直り練習です

明日は真面目に練習しよ


[2014/05/07 19:48] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(2)

子どもの頃のクセ 

子どもの時身に付いたクセってなかなか治らないですね~
今ピアノで困っているのがペダルです。
子どもの頃、先生から「ペダルの後踏み」を徹底して教えて頂きました。
きっと前の音まで入って汚い音色にならないようにだと思うのですが、
でも、今の先生は「同時に踏む」ことを教えてくださいます。
「同時に踏まないと強調したい音は迫力に欠けるし、
 ペダルに音を残したい時も最初の音がペダルの響きに入らないじゃない。」
うんうん、そうだな~
今は「同時に踏む」ことを練習していますが、
「後踏み」を教え込まれた私にとっては結構難し~い
頭で考えると、指と足の動きが同時だから簡単そうだけど、
子どもの頃に身に付いたクセがしぶとくて、先生からよく、
「ほら、遅い!音が入っていない!」と注意を受けます
「でも先生、同時に踏むと前の音が混じって汚い音になってしまいますが・・・。」
と、聞くと、
「その音を弾く直前にペダルを離して、また踏めばいいじゃない。」と
さらっと言われます。
「・・・
指と足の動きがバラバラなのはもっと難し~~い


[2014/05/05 14:10] 私のこと | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。