空気がカラカラ 

私のいるこの地域は連日「乾燥注意報」が出ています。
グランドピアノを購入する時、温湿度計も買ったのですが、
毎日30パーセント前半を指しています。
うわ~すごい乾燥してる! と思っていたら、
今日は20パーセントでした
肌、唇、カサカサで、保湿クリームやリップクリームは必需品です
これってピアノにもよくないんですよね。
湿度が高いのがよくないことは知っていたけど、
乾燥し過ぎるのも木の部分に割れ目が入ってしまってよくないそうです
うちのピアノは大丈夫かな~~
リビングにあるからキッチンの蒸気があるし平気かなと
思っていたけど、こんなに乾燥しているとは。
だからといって加湿器は絶対いやだし。
ん~~ じゃ、毎日お鍋にするか!なんて


[2014/01/27 22:45] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

ちょっと残念だけど 

次のレッスンは5週間後です。
いつもは月2回見て頂いているのですが、
上の子が受験生なので、1,2,3月は1回でお願いしました。

月1回・・・、間延びしてしまって、練習ははかどらないかなぁ・・・。
と思っていたけど、時間があるのも意外といいかも
月2回も時間がありそうだけど、土日は練習NGだし、
平日も子どものことなど色々なことで時間が潰れてしまって
半分できればいいかな~、といった感じです
でも、時間がなくても平日は10分でも15分でも弾くようにしてます。
エチュードだったり、曲の気になる箇所だったり、
ちょっとした練習なんだけど、毎日指を動かすことはいいかな、
と思って続けてます
月1回のレッスンは物足りないけど、シューマンの譜読みや
エチュードの苦手な部分をじっくり取り組むにはちょうどいいかも
そうだ、バッハも新しい曲をもらったんだった!


[2014/01/26 16:52] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(2)

1/23のレッスン 楽し~い 

6週間ぶりにレッスンに行って来ました
先生に「寂しかったわ~」と言ってもらえてうれしかったです

ゴホン 気を引き締めて、レッスン日記です。

バッハ:フランス組曲第3番
  <サラバンド>  「よく弾けているじゃない。」
             早速褒めて頂きました。
             私もうれしくて弾き終わった後、「やった!」と
             声を上げてしまいました。
             こんなに完璧に弾けたのは初めてかも
             短くてゆっくりした曲だから完璧に弾けて当たり前
             かもしれないけど、うれしいです。
             最後に先生から一言、
             「盛り上がる部分は自然な感じでね。」
             はい。ちょっとオーバーにやり過ぎちゃったかな
  <アングレーズ>  速く弾くことに気を取られて左手がいいかげんに
               ならないように。
               左手もしっかり弾くこと。

ショパン:エチュード
  <op.25-2>  スタッカートできれいな音で弾く。
            ヒールのコツコツとした音を出せるか、色々な弾き方を
            して自分で研究する。
            それができたら、より速くスタッカートで弾いてみる。
            最近この練習をおろそかにしていたら、
              改めて指摘されてしまいました。
              先生はすごい。わかるんですね。
  <op.10-1>  鍵盤の真ん中で弾けるようにゆっくり練習する。

クラマー=ビューロー
   左手を鍛えるため、ぎゅっぎゅっと一音一音力強く弾く練習をしっかり行う。
   その後、より速く強弱を付けて弾く練習をする。

シューマン
   「シューマンは、どうやって弾いたらいいのか楽譜にしっかり書いてあるので、
    まずは自分で考えて弾いてみてね。パピヨンより簡単よ。」と先生。
   え~でも、難しそう・・・
   今年の目標の一つ、
   「先生にすぐに聞くのではなく、自分で考える。」を
   早速実践です。
   
   シューマンは難しいけど譜読みは楽しいです。
   次はどんな音が出て来るのか、どんなフレーズが現れるのか、
   とっても気になります


   
[2014/01/25 22:53] レッスン | トラックバック(-) | CM(2)

レッスンレッス~ン♪ 

明日は待ちに待った今年最初のレッスンです
なんと6週間ぶりです。
先週から「あと〇日でレッスン!」と指折り数えてたけど
ついに明日だぁぁぁ
楽しみ楽しみ楽しみ~

子どもたち~、明日は絶対風邪を引かないでよ~~


[2014/01/22 15:05] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

シューマンが楽しい♪ 

今、シューマンの曲を頭から煙を噴きながら譜読みしてます
やっぱり難し~~~い!! でも、
おもしろいっっ!!!
音符が色々な動きをしていて、楽譜を見ているだけでも楽しい♪
それに比べると、ワルトシュタイン(ベートーベン)は、
ハ長調だからっていうのもあるのかな、とってもシンプル。
それに、音符が行儀よく並んでいる感じでおもしろさを感じないです。
先生の言うと通り「ツェルニーみたい」です。
ベートーベンのダメ出しばかりしているけど、聴く分には大好きなんですよ
CDも何枚か持っているし。
ワルトシュタインは、第1楽章は勇ましくてかっこよくて、
第3楽章流れるようなきれいなメロディーで、弾きたくて始めたのに・・・

前回先生が、「ベートーベンでも後期の作品は少しロマン派っぽいかな。」と
おっしゃっていたので、今度はその中から選んでベートーベンに
再チャレンジしてみようかな


[2014/01/18 23:39] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(0)

ベートーベンがつまらない 

「ベートーベンはもうやめて、シューマン始める?」
昨年最後のレッスンでとうとう言われてしまいました。
ワルトシュタインの譜読みが一向に進まず、弾いていても
何故か新しい曲を始めているわくわく感がありませんでした。
最初は、発表会ぼけが抜けていないな~、なんて
気楽に考えていたけど、う~ん、なんか違う

子どもの頃、先生から
「古典派のモーツァルトやベートーベンを弾く時は、
 一定のテンポを守って弾くこと。」と教えてもらいました。
今お世話になっている先生からは
「ベートーベンを弾く時は、ベートーベンが表現したいことを
 楽譜から読み取って忠実に弾くことが大事。」
ということは、自分の表現したいように自由に弾けない、ということ?
作曲家の意思は絶対だけど、自分の感情の入れ方によって
テンポを少しずつ落として弾いたり、逆に上げてみたり、
ができない、ということ?
え~~つまらないよ~~
そういえば、ショパンのスケルツォを練習していた時、
動画サイトで検索したら、色々な弾き方のスケルツォがあって、
弾く人によって全然違うな~と感じました。
それに比べると、ベートーベンはみんな同じように聞こえるかも・・・
「ロマン派のピアニストのベートーベンはあまり好きじゃないのよね。」と先生。
プロの方と私を同等にしてはいけないけど
この2年間、シューマン、ショパンとロマン派にどっぷり浸かって
しまったから、ベートーベンがつまらなく思えて、譜読みが進まなかったのかな。
ベートーベンは好きなんだけど・・・。
「弾く」のと「聴く」のは違うんだね。


(回想
子どもの頃はショパンはあんまり好きじゃなかったな。
自分の感情を出したり表現したり、は大の苦手だったし
よくピアノを弾いてたなぁ・・・


[2014/01/15 16:27] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(0)

グランドピアノ > お父さん 

主人がピアノの近くのゴミ箱にごみを捨てようとして・・・、
夫  ごん。
私  「あ!ピアノが!」
夫  「ピアノの心配をするのかよ。
私  「・・・。」

ごめんなさ~い ついつい・・・
いくら主人の石頭でも320㎏のピアノにはかなわないよね。


[2014/01/13 16:31] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

おばあちゃん、ありがとう。 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2014/01/11 14:00] 限定記事 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年がんばること。 

今年の目標は、
 一、だらだら練習をしない。
 一、先生にすぐに聞くのではなく、自分で考える。
 一、譜読みのスピードアップ!
です。
そして、今年も楽しくピアノを弾いていきたいと思います。
よろしくお願いします♪


[2014/01/01 08:14] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)