スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/28のレッスン 次の発表会の曲は・・・ 

私 「先生、次の発表会はシューマンのピアノソナタ第2番を
   弾きたいです
先生「いいんじゃない。シューマンはいいわよね。
   じゃあ、早速始めないとね。」
私 「え!?ベートーベンはまだ譜読みも終わってないですけど・・・。」
先生「2年は掛けた方がいいわよ。熟成期間があった方がいいし。」

ベートーベンとシューマンの二つ!?
むりむりむり~~ ベートーベンが、とりあえず1楽章が終わってからでいいかな。

シューマンは好きだけど、曲を仕上げるのが難しいんですよね。
以前見て頂いた「パピヨン」はとてもかわいらしい曲で、
弾きたくて始めたんだけど、声部の弾き分けなどとても難しくて、
練習しながら「なんでシューマンにしちゃったのかな」と
少し後悔してしまいました。
でも、上手く弾けた時の達成感は格別です
あのきれいなメロディーを自分が弾いていると思うと嬉しくなってしまいます。
きっと、ソナタの練習を始めるとまた後悔するんだろうなぁ

スポンサーサイト

[2013/11/30 17:10] レッスン | トラックバック(-) | CM(0)

発表会頑張ったね♪ 

今日、上の子のお友達のNちゃんの発表会に行って来ました。
Nちゃんは(うちの子もですが)明日から期末テストです。
演奏した曲はショパンの「華麗なる大円舞曲」なのですが、
どうしても弾きたくて、お母さんの反対を押し切って出たそうです。
お母さん(お友達です)は「暗譜が間に合わなかった~」って
言っていたけど、いやいや、そんなことよりも、
限られた時間の中で頑張って練習して発表会に出た、
ということが、すごいことだと思います。
Nちゃん、上手だったよ~「ブラボー!!」です

やっぱり発表会の雰囲気って好きだな~
緊張感の中にも温かさがある感じ、とっても好きです
この温かさって、先生の子どもを見るまなざしなのかな。


[2013/11/24 23:53] piano | TB(0) | CM(0)

リストってそうなの? 

以前に発表会の後に練習する曲を決めている時に、
候補の一つとして、リストの「献呈」を出したら、先生に
「リスト、好きじゃないのよね。」と言われました。
「リストは弾いている人は楽しいかもしれないけど、
 なんか中身がないというか、つまらないのよね。
 献呈もシューマンの歌の方は好きなんだけど、ピアノはね・・・。」
この話を調律の方にしたら、その方まで、
「僕もあまり好きじゃないんですよね。なんか派手過ぎて。
 リストの曲は聞いていても心に響いてこないんですよ。」

「え~~~!?」
あまりの低評価にびっくりです。
リストと言えば発表会やリサイタルの定番として演奏されることが多いし、
ショパンのようにみんなに受け入れられていると思っていたのに。
なんか、リストがかわいそうになってきました


[2013/11/22 17:51] ひとりごと。 | TB(0) | CM(0)

母のピアノ その4 

この間、母のピアノを習い始めてから初めて聞きました。

「上手くなってる・・・。今までと音が違う・・・。」
それまでの母のピアノは、
しっかり鍵盤を叩いていない音というか、
鍵盤の表面を弾いているような音というか、
芯のない音というか、
そんな音色だったのです。
  -散々なことを言ってますね。
   母が読んだら怒られそう・・・
それが、芯のある音、ピアノを弾いている音に変わっていました。
音の粒も揃っているし。
習い始めて半年ちょっとでこんなに変わるなんてびっくりです。
最近実家に電話をすると、
「今ピアノを練習しているから後で掛け直すわね。」と
言われることが多くなってきました。
母もピアノが楽しくてしょうがないみたいです

そういえば、しばらく声楽の話を聞かないような・・・?


[2013/11/21 15:19] piano | TB(0) | CM(0)

11/14のレッスン これからの課題 

私のこれからの課題は、ずばり!「譜読みのスピードアップ」です。

今回のレッスンは、クラマー、バッハ、ベートーベンと
3曲も新しく見て頂きました。
もともと私は譜読みが遅いのですが、
いまだに発表会ぼけから抜け出していない今回は
輪をかけてのんびりと譜読みをしてしまいました。
お恥ずかしいのですが、ワルトシュタインなんて
何を弾いているのかわからないぐらいのテンポでした
そのワルトシュタインを見て頂いている時に、ついに先生から
「こんなにゆっくり弾いていても楽しくないでしょう?
 最初からある程度のテンポで弾いていかないと。
 ゆっくりと速いのとでは指の使い方も違ってくるし。
 早く曲を仕上げられるようにして、色々な曲をたくさん弾いていきましょう。
 この曲(ワルトシュタイン)なんてツェルニーみたいで譜読みは簡単じゃない?」
「はい。シューマンやショパンに比べると簡単です。」
先生のおっしゃる通りです。
それに、せっかくのレッスンなんだから
テクニックや曲の作り方などたくさん教えてもらうためにも
譜読みに時間をかけていたらもったいないですよね。


[2013/11/20 16:06] レッスン | TB(0) | CM(0)

発表会の演奏♪ 

発表会、本当に楽しかった~
終わってから2週間以上経っているのに発表会のことを思い出すと
ぽわ~んと夢見心地になってしまいます。
嫌になるほど間違えて弾いているのに、不思議なことに凹んでいません。
今回は本当に集中して弾けました。
曲に入り込んで弾くことができました。
弾きながら間違えたところはしっかり把握しているのに
全く動揺しなくて、いつもの私じゃないみたいでした。
先生からは、
「録音したのは間違いが強調されて聞こえてしまうけど、
 本番はそんなに気にならなかったわよ。
 最後の音も気にしなくて大丈夫。かっこよかったわよ。」
 -先生、やさしいお言葉をありがとうございます
  そうなんです~最後の音(右)見事に外してしまいました。
  手を伸ばした時、距離がいつもより短くて「しまった!」と
  思ったんだけど、なすすべもなく・・・
調律の方からは、(この間調律して頂きました)
「豪快ですね。(←間違いのことだと思います
 勢いがあっていいですよ。
 間違えないで弾いてもつまらなかったら意味がないです。
 終わった後の拍手が大きいじゃないですか。」
 -ありがとうございます
  以前にアップした練習中の動画はあまり間違えず弾けているけど、
  間違いだらけだけど本番の方が好きだな~

反省する所もあります。
練習の時弾けていたけどなんか不安に思っていた箇所、
見事に間違ってます
不安に思っていたら納得いくまで練習すればよかったのに、
ついついいつも後回しで、練習の最後にちょこちょこっと弾くだけに
してしまったら、この有様です。
不安はしっかり解消して本番に臨まないといけないですね。


間違いだらけですが、よかったらお聞きください
 <お詫び>すいません、動画は削除させて頂きました。



   以前アップした練習中の演奏はこちらです♪


[2013/11/19 15:55] 演奏 | TB(0) | CM(0)

おじさんの携帯着信音 

トイレの流れが悪かったので、水道工事の方に来て頂きました。
その水道工事のおじさんの携帯着信音が、なんと、「ベト7」だったのです
話しているおじさんの顔を思わずじ~っと見てしまいました。
おじさんの選曲なのかな?
50代の強面のおじさんだったのですが、
なんか少し親近感が湧いてしまいました


[2013/11/07 23:26] ひとりごと。 | TB(0) | CM(0)

昔の先生からのお言葉 

「U先生があなたのピアノを聞いてすごく褒めてたわよ~」
と母から言われました。
   U先生は私が子どもの頃お世話になっていた先生で、
   今は母がお世話になっています。
母は私の動画サイトのページを教えてしまったみたいです

U先生は本当に厳しかった。妥協がなかった。
レッスンで何回も怒られました。何度も泣いてしまいました。
私の代わりに母が叱られることもありました。
あの頃は、ピアノを楽しむ余裕はありませんでした。
でも、今振り返ると、「この不器用な子をなんとかしなければ!」
という思いで一生懸命になってくれていたのだと思います。
叱ったり怒ったりは、とってもエネルギーがいることですよね。
以前、U先生は母にこう言われたそうです。
「昔は、みんなを音大に行かせてあげないと、という思いで
 とっても厳しく教えてしまったわ。」

高校に上がる時に、
「ピアノ科ではもう無理だから、声楽科で受けなさい。」
と言われ、結局音大には進まず、ピアノから離れてしまいました。
私の中で、最後まで私のピアノを認めてもらえなかった、
という残念な思いがあったのかな・・・。
母からU先生のお言葉を聞いた時、20年越しの思いがようやく叶って、
うれしくて涙が出てしまいました。


[2013/11/02 10:54] 私のこと | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。