6/27のレッスンと練習日記 

スケルツォ2番
   先生から嬉しいお言葉を頂きました。
   「前よりも余裕が感じられるわね。
    以前は必死!って感じだったけど。」
   「うん、(発表会)大丈夫ね。」
   実は、私も弾いていて、以前(パピヨンを弾く前)と
   いい意味で、何か違うなぁと感じています。
   テンポも上がってきたし、←エチュードのおかげかな
   改めて楽譜を読み直しているし。←この気分にさせてくれたのは
                        シューマンのおかげかな
   シューマンのパピヨンをやり始めた時、譜読みが本当に難しくて、
   なんでこの曲にしちゃったんだろうって、後悔したけど、
   今では、譜読みの勉強がしっかりできてよかったと思っています。
   あと、先生は、
   「少し時間をおいて弾き直すと、また違った解釈で
    弾けるからおもしろいわよ。」と、言われました。


   それにしても、スケルツォってすごい消費カロリーのような気がする~。
   レッスンや練習の後は、疲れてぐったり・・・です
   今回のレッスンでは、パピヨンは見て頂きませんでした。
   スケルツォのレッスンで心身ともにパンク状態で・・・
   というか、パピヨンの練習はいまいちで自信がなかったので

フランス組曲3番 クーラント
   テンポをもう一つ上げる。
   装飾音が浮いてしまわないように。
    ←メロディーの中で自然な感じに入れて弾くこと。

   装飾音は苦手なんですよね・・・。
   指を速く動かすぞ!と思ってついつい力が入ってしまいます。
   で、結果はもちろん上手く弾けません
   音を外さず弾けても、自然どころか「装飾音だぞ~」と大主張です
   でも、昨日の練習でぷち発見がありました
   てこの原理を利用して、鍵盤の端、隅、手前、(どの言い方がわかるかな
   で弾くと意外と軽いタッチで弾けたんです。
   今頃!?の発見かもしれませんが、上手く弾くために
   自分で考えることができて、うれしいです

ショパン エチュード
   速くきれいな音で弾くために、(べたっと弾かない)
   速いスタッカートで何度も何度も練習。

   地味な練習ですが、スケルツォをきれいに弾くためにも
   大切な大切な練習です


[2013/06/30 10:35] レッスン | TB(0) | CM(0)

音楽のテスト 

今子どもたちは、期末テストの真最中です。
期末テストなので技能教科のテストもあります。
下の子が、音楽でシューベルトの「魔王」を必死に覚えています
さっき下に降りてきて、意気揚々と、
「覚えた~。シューベルトはオーストラリア出身なんだよね♪」
「???」なんか違和感を感じる・・・あっ!
「オーストラリアではなくて、オーストリア!
大丈夫~?一文字違いだけど全然違うよ~


[2013/06/26 23:41] ひとりごと。 | TB(0) | CM(0)

6/20のレッスン 

今日のレッスンで、先生が「こうやって弾くのよ。」と言って
スケルツォを少し弾いてくれました。
とっても素敵でした
音一つ一つがきらきらしていて、ため息が出てしまいました
「先生のピアノ、とってもきれいな音ですね。」
  (って、先生に失礼ですね
と言ったら、先生が笑いながら、
「だって、何十年もピアノを弾いているんだから~」
と返してくださいました。
あ~、私もこんな音色で弾きたいなぁ~。

今回はパピヨンではなく、スケルツォから先に見て頂きました。
最初の部分、みっちりと教えて頂いたのですが、
この曲は出だしから体力使います
先生も「あ~疲れる~」とこぼされていました。
私もこの後のパピヨンは、疲れてぼ~っとした中で弾いてしまいました。
パピヨンでは、「もう少しテンポを上げるように。」と言われました。
その方が、曲のイメージが掴みやすいから、だそうです。
スケルツォに専念するために、
早くパピヨンがOKをもらえるように頑張ります

今日は本当に疲れた~。家に帰って爆睡です
きっと先生はもっとお疲れですね・・・。


[2013/06/20 21:38] レッスン | TB(0) | CM(0)

ごめんなさい(汗) 

前回の記事、非公開にしてしまいました。
せっかく来て頂いたのに、ごめんなさい
全然大した内容ではないんですけど、
あまりにも上手く弾けなくて、自分に対する不満を
爆発させてしまいました
書いた後に読み返したら、とっても恥ずかしくなってしまって。
削除しようと思ったんですけど、この頃の私の記録として
残しておきたかったので、「非公開」とさせて頂きました。
本当にごめんなさい


とにもかくにも、明後日はレッスンです。
ぜ~んぜん練習が進んでいません
こんな状態で先生に見て頂いて、いいのかなぁ・・・ 。
そういえば、以前に先生が
「練習ができていなくても、来ていいのよ。
 練習ができていないなりの教え方があるから。」
と、おっしゃっていました。
先生に申し訳ない気持ちがあるものの、レッスンは受けたいです。
行っちゃっていいかな~


[2013/06/18 21:25] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(0)

ぶつぶつ・・・。 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

[2013/06/16 17:01] 練習日記 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑~! 

今日の練習は一言でいうと、「雑」でした。
寝不足だから?いやいや、違う!
 ショパン エチュードop.25-2
    最近、進歩が感じられない。
    音色はこれでいいかな?4、5の指を重点的に練習。
 バッハ フランス組曲3番 クーラント
    雑!雑!雑!
    次は、左手のややこしい指使いの所を重点的に練習する。
    ↑速く弾くためには大事。しつこく練習。
    左手が絡まってしまうのは筋力が弱いからだね。
    左手の強化を痛感。
 シューマン パピヨン
    6番と8番、自分なりに考えて曲を作ったけど、これでいい?
    前に比べると、楽しく弾けるので、少しは曲らしくなってるかな?
    全体的にテンポを上げたい。

練習は時間じゃない。内容が大事だよ。
    って、いつも自分に言い聞かせています

   
[2013/06/06 15:50] 練習日記 | トラックバック(-) | CM(0)

母のピアノ その3 

「お父さんが、グランドピアノ買ってもいいって。」
母が不思議そうに電話で話し始めました。
「不思議そうに」の理由は、父がずっっっと反対していたからです。
3年ぐらい前から、母はグランドを欲しがり始めたのですが、
父は、「いらん。部屋が狭くなる。」と言って
全然取り合いませんでした。
それが、ついこの間、いつものように母がピアノのことを
話したら、OKが出たそうです(しぶしぶみたいですが・・・
ピアノを習い始めてからの母は、ピアノに対する情熱が半端ないです
レッスンの様子や先生から教えてもらったことなどを、
熱~く話してくれます。
先日、お友達が「音が違ってきてる!」と言ってくれたみたいで、
「やっぱり先生に習うと違うね~」と感心していました。
きっと父は、こんな母の様子を見て、
気持ちが変わったのかもしれないですね(でも、びっくり)
母は早速、楽器店でお仕事をしているお友達と調律の方に
掘り出し物のピアノがないか、お願いするそうです。
私も楽しみになってきました素敵なピアノと出会えるといいな
でも~、もちろんリビングに置くんだよね~。
妹とうちの子が来たら、せっかくのグランドピアノが
指紋まみれになってしまいそ~


[2013/06/05 15:01] piano | トラックバック(-) | CM(0)