スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

5/30のレッスン 

「譜読み」はただ音を読むだけではなくて、
楽譜に書いてある用語や記号、音の並べ方などから
作曲家がどういうふうに演奏してほしいかを
読み解くことなんですね。(って、今頃何言ってるの!ですね
今回のレッスンでは、パピヨンを細かく教えて頂きました。
自分なりに「譜読み」をしたつもり・・・なのですが、
全然できていませんでした。う~~情けない
先生から説明してもらうと、
「あ、ほんとだ~」と思うのですが・・・。
でも、今回「譜読み」の仕方を細かく教えて頂いたので、
頑張ってみようと思います。
パピヨンだけではなくて、練習を復活させたスケルツォでも
考えて弾いていきたいです


最近変わったなぁ、と思うことがあります。
前みたいに間違いが気にならなくなったんです。
少し前までは「間違いなく弾くこと」が第一だったのですが、
今では「きれいな音色で弾きたい」に変わってきました。
先生にこのことをお話したら、
「そうよ~。ピアノで大事なのはそれよ。」
と、言ってくださいました。
指の表現力を付けるためには、より一層の指の鍛錬が大切ですね


                   最近、いいな~と思っている曲
                        バッハ/ブゾーニ  シャコンヌ ニ短調
                      むずかしそ~

スポンサーサイト

[2013/05/31 16:57] レッスン | トラックバック(-) | CM(0)

5/23のレッスン 

パピヨン
  7番  私の勝手なイメージなのですが、
      出だしの部分が、とってもしっとりとして大人の雰囲気満載!
      という感じがするのです・・・。
      先生から、
      「指を少しずつ押さえ込みながら、自然な盛り上がりを作ってね。」
      と言われました。
      はい・・・先生の言われること、とってもわかります。
      わかるのですが
      恥ずかしくて感情を込めて弾けません!!
      すいませんお子ちゃまの私はロマンチックで大人っぽい曲は
      苦手なのです。
      (例えば、ショパンのノクターンOp.9-No.2のような。
       これも私の勝手な勝手なイメージです
      このことを先生にお話したら、
      「わかるわよ、私もそうだから。
       感情を込めて弾くのって、誰かが聞いていると思うと
       恥ずかしいわよね。」
      「はい!はい!」
      「でも、いつまでも恥ずかしがっていないで、頑張って。」
      「はい・・・。


  8番  弾いた後に
      「先生、すいません、8番はあまり練習できなかったです。」
      と懺悔をしたら、
      「やっぱりね。じゃ、今日は私からは何も言わないから、
       自分で弾き方を考えてきてね。」
      練習が不十分なことも、あわよくば弾き方を教えてもらいたいと
      思っている私の気持ちも、先生はお見通しなんですね
      早速CDを聞いて研究です。
      もっと軽やかに和音を弾きたいけど、どうしても重くなってしまう~~
      手首の使い方?リズムの取り方?指使い?
      どうしたらいいかな~


発表会の日にちが決まったら、少しどきどきしてきました
あと5ヶ月かぁ~
でも、5ヶ月と考えると長いけど、回数で考えるとあと10回。
なんかとっても不安になってしまったので、
発表会まで月3回でお願いしました
「大丈夫?無理しないでね。」
と、先生は心配してくださいました。
月3回のレッスンはきついかもしれないけど、
発表会に間に合わないといけないので、頑張りますっっ!

       
[2013/05/26 17:26] レッスン | トラックバック(-) | CM(0)

ご近所のピアノ 

今日も気持ちのいいお天気でした(でも外は暑かった~)
夕方も窓を開けていたら、斜めお向かいさんのお家から
ピアノが聞こえてきました。
いちばん下の小学1年生の子が弾いているのかな?
バッハのメヌエット ト短調を練習してました。
途中何度か間違いながらも、繰り返し繰り返し弾いていました。
頑張って弾いている姿が目に浮かびます。
そばで聞くピアノの音色ももちろんいいけど、
遠くから風に乗って聞こえてくるピアノの音色を聞くと、
心がほわ~っと温かくなります
今日も、「この曲、昔弾いたな~」なんて思いながら
聞いていました


[2013/05/22 22:44] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

5/16のレッスン 

フランス組曲(アルマンド)
  「速すぎ~」と言われてしまいました
  「次のクーラントが速いから、それと対比させるために
   もう少しゆっくり弾いて。速くてもアレグロぐらいで。」
  「2拍子にならないように。4拍をきちんと感じて弾くこと。」

  CDが速かったので、頑張ってテンポを上げたのに・・・
  今はメトロノームを使ってテンポをおとすように調整しているけど、
  なかなか一度付いたくせを直すのは難しいです。
  最初はいいけど、だんだん速くなってしまいます

エチュード
  「全然だめ。音が抜けてる。」
  先生の言葉にハッとしました。
  最近の私はテンポを上げることばかりに気を取られて
  肝心なことを忘れていました。

  音が抜けてしまう原因は、
  指の筋力が弱いことと、脱力ができていないこと、
  だそうです。
  今回のレッスンはピアノの蓋の上で「弾く」練習です。
  コンコン、ときれいな音が出るように、力を抜いて
  指をタップダンスのように動かします。
  この時、指を高く上げない!バタバタ動かさない!
  弾いていて肩がこることはないし、力は抜けていると思っていたけど、
  十分ではなかったみたいです。
  この練習と合わせて、指の筋力を付けるために
  一音一音ぐっぐっと力を入れて弾くことも必要だそうです。

パピヨン
  譜読みは8番でストップです。
  これからは譜読みを進める代わりに、スケルツォの練習を復活します。
  発表会に向けて準備しないと~


次のレッスンは2週間後だったのですが、先生から
「来週はあいてる?2週あけるのは心配だから。」
ということで、来週も見て頂くことになりました。
エチュードの指の練習を気にしてくださってるようです。
私も、時間が経つとだんだん間違った練習をしてしまいそうで
不安だったので、先生のお心遣いがとてもうれしいです


[2013/05/18 16:15] レッスン | トラックバック(-) | CM(0)

ピアノ、ひ・と・り・じ・め♪ 

うちの子どもたちは、ピアノをやっていません。
上の子は小学2年生の時にやめてしまいました。
「やりたくな~い」と言われてしまって・・・
私自身、子どもの頃の「やりたくない」ピアノを「やらされて」いて
とっても苦痛だったのを思い出してしまって、
つい、やめさせてしまいました
ピアノを再開した時、すご~く後悔しました。
子どももピアノをやっていたら、
一緒に音楽の話ができたのに・・・、
一緒にコンサートに行けたのに・・・、
一緒に連弾して遊べたのに・・・。
私がもっと早くピアノに目覚めていたら、「やめたい」なんて
言わなかったかもしれない、など色々考えてしまいました
  ブログを始めたきっかけは、家族の誰もクラシックに興味がなくて、
  ピアノに対する思いを聞いてもらえないので、
  気持ちを吐き出したくて始めました

でも、最近は少し考えが変わってきて、
「ん? 私しかピアノを弾かない、ということは・・・
 自分が弾きたい時に思う存分弾ける
 ピアノ、ひとりじめだ~(*^▽^*)
と、なりましたへへへ


               今日の曲  ベートーベン : ソナタ第29番
                                    「ハンマークラヴィーア」
                     久しぶりにベートーベンを聴きました


[2013/05/15 14:16] ひとりごと。 | トラックバック(-) | CM(0)

CD買いました。 

バッハとモーツァルトのCDを買いました~

CD.jpg

左:グレン グールド / バッハ「フランス組曲(全6曲)」
右:マリア ジョアン ピリス / モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番・第20番」


前回のレッスンで、フランス組曲について先生から、
「舞曲だから、もう少し速く、リズム感よく弾いてね。」
と言われました。
「リズム感よく・・・。」
3拍子だったら「ブンチャッチャ、ブンチャッチャ♪」のリズムでわかるけど、
4拍子のリズム・・・ 「???」
リズム音痴の私は全然見当が付かなくて、CDを買いました
聞いたら、「なるほど~こういうリズムなのね~」
なんとなく感覚はわかりました
でも、テンポがとっても速~~い
私の指ではもつれてしまうよ~。もう少しゆっくりでいいよね?


一緒にピリスさんのCDも買いました。
この曲は2011年に録音されたそうです。すごい!最近の演奏ですね
モーツァルトのピアノ協奏曲の中では第20番が一番好きです。
最近はこの曲ばかり聞いています。
モーツァルトはショパンやシューマンに比べると、
軽快で、かわいらしくて、いいですね。
何度聞いてもいい曲です・・・


[2013/05/09 15:42] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)

調律してもらいました♪ 

調律して頂きました。
たっぷり4時間半10時半から15時過ぎまで、です。
半年ぶりの調律だったのですが、ピアノを少し弾いて、
「すごく狂ってますね~。また、かなり練習しましたね。」
と、言われました。

音がとっても鳴り過ぎるので、落ち着いた音、
こもった音にしてほしい、とお願いしました。
「それでは、ハンマーに針を刺しましょう。」
そうしたら、今までビーンビーンと硬く響いていた音が
まあるい、落ち着いた音になりました
あと、鍵盤のタッチを固くしてもらうようにもお願いしました。
タッチが軽くて簡単に音が出てしまうせいか、小さい音が
先生のピアノでは鳴らないことがよくあります
「固くし過ぎると音が悪くなってしまうので、少しにしておきましょう。」
「少し」だったのですが、「ピアノを弾いている」という
感じがする固さになりました

ピアノがまたきれいに生まれ変わったので、早速練習したかったのですが、
子どもがテスト前で部活がなく早く帰って来るし、
今日は塾の日で早く食事を作らないといけないので、
残念ですが、あきらめました
明日はい~~っぱい練習するぞぉぉ


[2013/05/08 22:56] piano | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。