スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

曲のイメージ 

シューマンのパピヨンを見て頂いている時、
「この曲にどんなイメージを持ってる?
 どんな音で弾いてみたい?」
前回のレッスンで先生にこう問いかけられました。

曲をイメージする、そういえば、子どもが通っている美術教室でも
以前、同じようなことをしたことがありました。
先生が用意した曲は、サンサーンス「動物の謝肉祭」の「水族館」です。
もちろん子どもたちには曲名は伏せておきます。
曲を聞いてイメージしたものを色で表現します。
子どもたちが描いた作品を見せてもらうと、
明るい色使いの子、暗い色使いの子、
一色だけの子、たくさんの色を使っている子、
みんな思い思いのイメージを表現していました。
「水のもの」というところでは、共通しているのですが、
細かい部分はみんな違っていました。
一人一人感じ方が違うのは当たり前ですよね
 ちなみに、うちの子は、
 イワシの群れに日が当たっていて、きらきら光っている、
 のを想像したそうです

シューマンのパピヨンは、演奏する人によって全然違うみたいです。
先生から
「私の考えに合わせようとしなくてもいいのよ。
 あなたが感じるように弾いてみて。」
と言われました。
私の五感をフル活動です

スポンサーサイト

[2013/03/25 23:10] 練習中の曲 | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。