スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バラードすてき♪ 

スケートの羽生くんのショートの曲はショパンのバラード第1番ですね
とっても素敵な曲~~
バラードが気になり始めた頃、サークルで2番を弾かれた方がいました。
2番も素敵~~
家にあったCDを聴くと、バラード4曲ともすべていい!!
どれか1曲弾いてみたい!!(←これも勘違い???)
どれにしようかな~~♪♪♪
演奏時間を確認してみると、1番は10分弱、4番は11分半ぐらい。長いですね。
ということは、7分台の2番か3番か(私だと1.5倍ぐらいかかるかな
そこで先生にお聞きしたら「あなたには3番が合っていそうね」、ですって!

ということで、シューマンの後はショパンのバラード第3番に決まりました
ブラームスと合わせて頑張るぞ~!!


l-hiw400.jpg

スポンサーサイト

[2015/12/23 08:41] piano | トラックバック(-) | CM(4)

勘違いから始まる 

私の曲選びはとんだ勘違いから決めてしまうことが多いです。

少し前にサークルに参加した時、お友達のMさんがブラームスの間奏曲を
とっても素敵に弾かれていて目がに。
大好きな曲でしたし、うっとりして聴かせて頂きました。
そうしたら始まったのです、私の勘違いが・・・!!
私もMさんのように弾ける錯覚に陥り、Mさんのお顔が私の顔にすり替わり・・・!!
私も弾けるかな? 弾きたい!と思うように・・・

前回の発表会で弾いたスケルツォも勘違いで決めてしまいました。
NHK音楽祭でキーシンがアンコールでスケルツォを弾いた時、同じことが起こりました。
キーシンの顔が私にすり替わり・・・

はぁ~ 困ったものです


l-hiw400.jpg


[2015/12/20 14:09] piano | トラックバック(-) | CM(4)

母のピアノ その6  

最近の母との会話はピアノの話ばかりです。
レッスンで先生に言われたこと、ここまで弾けるようになったという報告、
などなどとっても楽しそうに話をする母。

この間も電話をしていたら母が、
「ねぇ、今からピアノ聴いてくれる?」
ということで、電話越しに母のピアノを聴きました。
ピアノの音の他に母の「あ、違う」「あれ?さっきは弾けたのに」
という独り言も聞こえてきました。
そのピアノを聴きながら一生懸命ピアノを弾いている母の姿を
想像したら、とっても愛おしく感じてしまって
涙が溢れてきてしまいました。

お母さん、頑張って。


   クローバー


[2015/01/17 14:20] piano | トラックバック(-) | CM(8)

母のピアノ その5 

母が4月にピアノの発表会に出るそうです。

今年の3月に私が子どもの頃お世話になった先生に習い始めて、
最初は「発表会に出られるようになることが目標」と言っていたのに、
も、もう目標達成!?!?!?
母もピアノを頑張っていたので発表会に出られてよかったのですが・・・
先生の教室には今は子どもの生徒さんはいなくて、
ほとんどが音大を出られた方ばかり。
それと、今回は一人小学4年生の子がいるのですが、実は、
おばあちゃんもお母さんも音大出身だそうです。
一人の持ち時間は約15分、つまりソナタだと全楽章を弾くようで・・・
錚錚たる方々の中での母のピアノ・・・
先生、ほんとに母が出ていいですか?
お母さん、ほんとに大丈夫?

こんな私の心配をよそに母は発表会を楽しみにしています。
というか、気合が入ってます・・・
この間、夕方16時頃電話をしたら、
「14時からずっと練習してたわ~
 間違える所を何回も何回も弾いたわよ~」
お母さん、頼もしい・・・
私も負けてはいられない。頑張らないと!!


母が弾く曲です
「ベートーベン 変奏曲 Nel cor piu non mi sento」
この曲は声楽の曲で、母も歌ったことがあってとても親しみがあるみたいです。
先生は母が声楽をしているからこの曲にしてくれたのかな

     

声楽バージョンです

     



l-hiw400.jpg


[2014/12/02 16:59] piano | トラックバック(-) | CM(10)

先生がいちばん 

先週ピアノを調律して頂きました。
今回は先生に紹介して頂いた方にお願いしました。
先生とは30年来のお付き合いだそうです。

「○先生は私の知っている先生の中でいちばんピアノに
 情熱を持っているすばらしい先生ですよ。」と調律師さん。
う~ん!!すっごくうれしい♪♪(≧▽≦)
そうなの!そうなの!そうなんです!!
先生は「死ぬまで勉強」とおっしゃるぐらい今でも研究熱心で
ピアノに情熱をかけていらっしゃるとっってもすばらしい方です。

あ~~早くレッスン受けたいよ~~♪
調律の方が帰られてから次のレッスンが待ち遠しいですっ!!
って、ようやく明日だ~~♪


ライン お花


[2014/10/22 14:16] piano | トラックバック(-) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。